スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

メルヒェン

久々に来てみました。
相変わらず過疎なブログです。
まだ続けているのか~って感じですが、こんな感じで1年に1回ぐらいは登場しようと思っています。
たまには、自分の好きなもののこととか語りあげたいじゃないですか!
誰も聞いてなくてもいいんです。私が聞いてるから!


と、そんなわけで。
ここ1年ぐらい、サンホラにはまっているんですけれども。。。

もうすごいんだから。
何がすごいって、陛下の想像力いや妄想力。

あれはすごいエネルギーですよ、オタク的エネルギーにあふれています。
アルバムは、どれもこれもとっつきにくい。
聞きにくい。
毎回挑戦されている気分ですが、最終的にはやっぱりハマっている、と。
なんだろな、なんか中毒性があります。

昨年暮れにリリースされた「メルヒェン」もすごいです。
あまりにすごいので、一曲ずつ感想とか述べちゃいます。
以下妄想。

まず、曲のタイトルがすごいんですけど。。。

並べるとわかるんですが、「生と死を別つ境界の古井戸」を境にして、後の曲は前半と後半で対になっています。
私が好きなのは、「黒き女将の宿」と「青き伯爵の城」それから、テッテレ王子ですが。

まずは1曲目から。


宵闇の唄

疲れます。耳が。
とにかく詰め込みすぎですが、これからの展開を妄想させられてワクワクします。
が、最初に聞いたときは、ここで挫折しました。
初音ミクさん、ええ仕事してますが、最初はちょっとやっぱり聞き取りづらくて。。。
何言ってるのかほとんど分からなくて、やたら豪華に盛り上がっているのに意味がわからないという、そんな曲を突然10分間も聞かされて、正直ちょっと引きます。
ひたすら忍耐。
ですが、やっぱり音は面白いです。
なんだこりゃ。
なんだかわからんけども、とにかく、これから童話の主人公が7人出てきて、復讐するらしいぞ、と。
それだけわかればこの曲はOK。
もうそれでいい。




「火刑の魔女」

彩乃かなみさん登場。
美しいお声ですが、ちょっとしつこい感じかな。。。
同じしつこい声ならば、遠藤麻里さんの方が好きかなぁ。
彼女はお元気なんだろうか。
と、話がそれそうだけども。火刑の魔女、ね。
実は私、マキシシングルのイドイドのほうはあんまり聞いてないもんで、そこらへんからの流れがよくわからないんですよね。
とにかく、MIKIさんが魔女すぎてステキです。

曲の前半と後半とでは、まるでまったく違う曲になってます。
このアルバムは、大体の曲がそういう構成になっておるようですね。
前半は、ヒロインが殺されるまでのお話、後半が復讐劇ってことで。

この曲は、前半はヒロインがお母さんに捨てられて、いろいろあって殺されるまでの話、後半はヘンゼルとグレーテルをモチーフにした復讐劇。
しかし、このこどもたち。。。自分の想像だけで人を殺しちゃうんですね。
すごいな。
食べちゃうつもりなんだわ!って、誰もそんなこと言ってないじゃーん。
ほんとにただの親切なおばあさんだったのかもしれないじゃーん。
子供って、ほんとにバカですねぇ。





黒き女将の宿

最初、REMIさんだってわからなかった。
やたらかわいい声だけど、なんかのっぺらぼうな歌い方だなぁ~と思った。
が、よく聞くと、やっぱりREMIさんの声ですね。
なんだろう、上手なんだけど、なんか表情に乏しい声ですよね。
高音は透き通っててきれいだけど。。。
でも、なまりがあまりにかわいいのでOKです。
ってか、REMIさんは、声に感情が乗らないんですね。
だからこそ、この曲ではうまくハマってる。
陛下の手腕ですなぁ。
どの曲を誰に歌わせるとか、そういう配役がうまいんですよね。
なまらせるならREMIさんですよね、うんうん。
東北っぽいなまりがめっちゃかわいい。
ってか、そんなかわいいREMIさんも、曲の半ばほどでかすみます。
女将さんのインパクト、すごすぎです。。。
濃すぎる^^;

物語のモトネタは、よくわからないんですが、あちらこちらで語られているのは「肝臓をとられた男」とかいうお話のようですね。
そのまんまです。
「おらの肝臓をかえせぇぇぇぇぇ…」って感じで。
ちょっとホラーっぽい終わり方ですが、一番怖いの歌詞カード。

とんとん    とんとん 
    とんとん   とんとん     

みたいなところ、なんか不気味です。




「硝子の棺で眠る姫君」

なんだこの作りものみたいなかわいい声は。
すごいぞー。なんだこれ~。
最初、びっくりしました。
これが初音ミクの声かと思いました。←ボカロとかあんまり知らない人。
歌っているのは、黒沢ともよちゃん。
子供時代のミーシャをやってた子だそうです。
歌、上手だなぁ。
ミュージカルの経験とかあるのかな?よくわからないけど。
狩人のじいやや、怖い継母との掛け合いも上手。
しかし、ここで語らねばならぬのは、やはりこの人でしょう。
テッテレ王子。
なにこの無駄にカッコいい感じ。
変態ですよね、かなりの変態ですよね。
「眠るように死んでる」のと「死んでるように眠る」のとは、根本的に決定的に違う。
もちろん、王子のお気に召したのは前者。
誰よりも美しいとか言って、いくらキレイだからって見も知らん人の死体を持って帰るか?
すごいよな~。
そして、後半の復讐部分でのともよちゃんもすごい。
これって、中学生にやらせていいの?
なんかとってもR15な感じの展開で。
やたらと高笑いが耳に残る曲だな。
MIKIさんしかり、ともよちゃんしかり。
王子の「なんてことだ…」もナイス。
状況的にこのセリフは間違っていないんですが、なんか白雪姫いや雪白姫が生き返ったことにがっかりしているようにも聞こえる。
変態王子、素敵だ。




*************



今日はちょっと時間がないため、ここまででいったん終了と。
青髭について語りたいんだけどなーーー!!!
また後日。
スポンサーサイト

| 日常 | 21:48 │Comments0 | Trackbacks2編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harapekopeko2.blog84.fc2.com/tb.php/62-7fceba3a
まとめ【メルヒェン】 久々に来てみました。相変わらず過疎なブログです。まだ続けているのか〜って感じですが、こんな感じで1年

2012/11/21(水) 15:29:24 | まっとめBLOG速報

- 管理人の承認後に表示されます

2013/10/24(木) 11:53:22 |

| main |

いくつになったの


ブログ内検索

家族

いつでも里親募集中

千葉wan

ブックマーク





カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。