スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

映画メモ

最近はちょっと家にいることが多いもんで、更新をサボっている間にもいろいろいろいろ観てました。


↓まずは、興味があったコレ。

マリー・アントワネット (初回生産限定版)マリー・アントワネット (初回生産限定版)
(2007/07/19)
キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン 他

商品詳細を見る


なんか…なんていうか、酷評する人がいるんだろうな、ってのは、なんかよくわかります。
が、私は結構好きでした。
この監督は、ほんとにオトメですねぇ。
かわいいったらもう。
歴史的事実にも一応は沿っているようですが、それより何より、ヴェルサイユ宮殿で乙女ちっくに過ごしたアントワネットを描きたかっただけじゃないかね、って感じです。
むしろ、それに徹している感じがおもしろかったです。
お洋服とっかえひっかえとか、目の保養って感じで。
ま、とうてい着てみたいとは思えないお洋服ばかりではありましたが。
お靴とっかえひっかえのシーンなんかではバスケットシューズなんかもちらりと登場して、そういう遊び心も楽しかったです。
ただ、ベルばらにハマったことのある身としては、フェルゼンとの関係がプラトニックじゃなかったことに軽くショック。←バカ。

衣装とか、宮殿のきらびやかさとか、毒々しいぐらいにきらびやかで悪趣味イヤむしろ不気味くらいでした。
当時、実際にそうだったのかどうかはわかりませんが、あの宮殿のクレイジーさは行けばわかります。
行けばわかるといえば、ちょっと嬉しかったことがひとつ。
アントワネットが、プチトリアノンに引きこもって、下働きが綺麗に拭いたあとの卵を拾ったり、草原を(実は宮殿の庭だけど)散策したりのシーンがあるんですが、そこで風の音しかしなかったこと。
あそこね、ほんとにそうなんですよ…!!
人の気配がなくて、ほんとに静かで。
草が風に吹かれてサヤサヤする音しかしないところなんです。
私が行ったのはもう2年も前で、この映画の撮影のちょっと前でしたけども。。。
そういや、鏡の間は工事中で、なんだか狭い体育倉庫みたいになっちゃってて残念だったもんでした。
工事したてのピカピカのところで撮影したんでしょうね。。。トホホ。

と、関係ない話にそれちゃいましたが、主演のキルスティン・ダンストは本当に大人になりましたね。
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの頃は、まだちびっこだったのに。
もともとの顔つきが、カワイイ~♪とかそういう感じでもないんで、子役からの脱皮が返ってうまくいったんじゃないですかね。
ちっさい頃に誰が見てもカワイかった子って、結構…みんながみんなそうだとは言いませんが、大人になってもそのまんまただかわいいだけだったり、逆に見る影もなくなったりして、結局消えている気がします。
キルスティン嬢は、どこぞではブスカワとか言われちゃってるらしいですが、私はブスとは思いません。
かわいいとも思わんけど。
ただ、「ヴァージン・スーサイズ」のときも思ったけど、きっとこの女の子は、ソフィア・コッポラ監督の"理想の自分像"なんでしょうな。
ちょっと古いけど、「マルコムX」のときのスパイク・リーの理想の自分がデンゼル・ワシントンだった、みたいな。
そしてまた話がそれちゃいましたが、とにかくキルスティン・ダンスト。
苦悩する顔がしっかりと大人でした。
マリー・アントワネットって、私の中では結構能天気でおバカさんで、何が何だかわからないうちにギロチン行きだったんじゃないかなぁ~って思うんで、もうちょっとバカそうな子でもよかったんじゃないか、とは思いますが。
そんな色々苦悩してたんかいな~と思うけど。

ちなみに、かの有名な「パンがないならお菓子を食べりゃいいじゃない」ってセリフも、映画の中では「そんなこと言ってないわ」ってことになってました。
私は本当に言ったんじゃないかとにらんでいます。
絵の中のアントワネットは、キルスティン嬢とは違ってほんとにおバカそうな顔してますもんね(失礼)。



…いやはや、なんか熱くなってるところを見ると、私はやっぱりこの映画好きみたいです。
長くなったのでいったんやめます。

他の映画についてはまた後日。
スポンサーサイト

| 映画 | 00:09 │Comments2 | Trackbacks0編集

引っ越しそして復活

jug◎mもなかなかよかったんだけど…。

やっぱり使い慣れているところで統一してしまおう、ということで、こっちに引っ越すことにしました。
使いやすいのが一番やね。
なんとなく見やすいしね。
テンプレもたくさんあるしね。
その中でも、使えるテンプレを選ぶのは結構大変だけどね。
ま、他人が無料で作ってくれているものなんで、文句は言いません(充分言っている)。


***


とにかく。
ご挨拶が遅れましたが、お久しぶりでございます。
ブログ引っ越したり、せっかく引っ越したのに全然まったく更新しなくなったり…ということで、以前読んでくれていた人がまたここを見に来てくれているかどうかってのは、まぁあまり期待していませんが。

お久しぶりになってしまった大きな理由としては、パソぶっ壊れ、というのがあります。

お金ないのに、お金ない人にはお金かかることがどんどん降りかかるんですよね、気のせいかねトホホ。

ま、何とか治りましたんで。

これからはもっと頻繁に登場することになると思いますので、よろしくお願いします。

| 日常 | 17:52 │Comments0 | Trackbacks0編集

このブログについて

このブログは、私”腹ペコ”が、日記として使用しているものです。
趣味のこと、日常生活のこと、いろいろとぶち上げています。
よろしくお付き合いくださいませ。

あ、過去ログのことなんですけどもね(突然)。

もうほんとあんまり見たくないんで、ログのインポートだのなんだのするのはやめちゃったんです。面倒だし。
そんなわけで、過去の恥ずかしい私をどうしても見たいという不思議な方は、どうぞ→此方←へ。
ま、今も過去も全然変わってないんですが。

リンクはまったくの自由です。
貼るも切るもご自由にどうぞ。
報告したい!という方はしてくれると喜びますが、別にしてくれなくてもいいです。

ブックマークには、個人的なお気に入りさんをパチパチはさんでいますが、恥ずかしがり屋なもんでほとんど無断です。
そんなの困るわ~という方は、メルフォかコメント欄で削除を要請してください。

それから、そんな奇特な方はいらっしゃらないでしょうが、画像の無断使用はご遠慮ください。
ここに載っているものは、作ったのは私ですが著作権は私にはありません。
出典は隠していないつもりですが、もし「これはどこに載っている何なの?」というものがありましたらご一報ください。
他力本願ですみません。


私のことについても少し。

趣味は手芸。レース編み大好き。見るのも大好き。
でも、一番好きなのは、手芸本を眺めたりまだ手を着けてない糸を見たりしながら、「こういう風にしよう…ああいう風に作ろう…」とふや~っと考えていること。
考えているだけで、なかなか形にならないのが困りますね。うん。
読書、映画鑑賞、漫画やアニメも好き。
そして、人の好きなものにはまず反感から入るくせに、自分が好きなものをけなされるのは我慢ならない、というやっかいな特性あり。
ぅぅぅ。よろしくお願いします。。。

| このブログについて | 14:28 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

いくつになったの


ブログ内検索

家族

いつでも里親募集中

千葉wan

ブックマーク





カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。